空中浮遊菌サンプラーBIOSAMP® バイオサンプMBS-1000NIPortable airborne bacteria sampler MBS-1000NI

  • 日本薬局方準拠
  • ISO準拠
  • 新発売

製品コード

01838

統一商品コード

302018383

JANコード

4987302018383

包装

一式

使用期限

貯蔵方法

5~35℃、80%Rh以下

製品概要

クリーンルームを始め、薬事関連施設、HACCP関連施設、公衆衛生関連施設では空中に浮遊している微生物を管理して、製造環境の浄化をはかり、品質を維持する必要がある。
本品は、空中浮遊菌測定用のハンディタイプのエアーサンプラーである。
MBS-1000NIでは、MBS-1000Nに電子データ生成・管理機能が搭載された。(専用アプリはオプション)

〈特長〉
・電子データ生成・管理機能
 専用アプリ(オプション)にてサンプリングデータの電子データ管理機能搭載

・国際規格
 ISO14698-1 浮遊微生物汚染の測定に関するガイドラインに準拠

・高捕集効率
 JIS K 3836「空中浮遊菌測定器の捕集性能試験方法」にて99%の捕集効率を実証

・市販培地
 市販培地(90 mm)シャーレ使用可能【培地厚さ6.5 mmに対応】

・排気汚染防止
 排気口にHEPAフィルタを標準搭載。サンプラからの排気による汚染を防止

・キャリブレーション
 吸引流量・吸引時間校正に加え、JIS K 3836に基づいた捕集効率測定も可能

・吸引流量自動調整
 適正にサンプリングが行える様、吸引流量を自動調整

・本体も滅菌可能
 蒸気化過酸化水素滅菌に対応

参照

ISO準拠
ISO 14698-1 浮遊微生物汚染の測定に関するガイドラインに準拠
※ISO14698-1「クリーンルーム及び関連制御環境 ~ 微生物汚染制御 ~ 第1部一般原則及び方法」では、微生物汚染を評価するための方法について規定されている。
ISO14698-1の附属書A、Bではそれぞれ
附属書A「浮遊微生物汚染の測定に関する指針」では、微生物粒子の測定に使用するサンプラの要件
附属書B 「空気サンプラの妥当性確認に関する指針」では、サンプラの捕集性能
の測定方法について規定されている。
BIOSAMP® は、この規格の試験において、生物粒子(枯草菌芽胞)で高捕集率であることを確認した。

第17 改正日本薬局方 無菌医薬品製造区域の環境モニタリング法(※)対応
※第17改正日本薬局方 参考情報 G4.微生物関連 無菌医薬品製造区域の環境モニタリング法 及び 令和元年6月28日 事務連絡「第十七改正日本薬局方第二追補の制定により削除された参考情報の取扱いについて」

備考

本体質量 1.5(kg)
使用培地 90 mmシャーレ(外径86~92 mm)、厚さ6.5 mm対応
サンプリング量 10~1500(L)
使用環境条件 5~35(℃)、80%Rh以下

〈梱包内容〉
MBS-1000NI本体:1台、捕集ノズル:1個、ACアダプター:1個、電源コード:1本、ノズルキャップ:1個、高さ調節ネジ:3個、六角レンチ:1本、取扱説明書:1部

サイズ

W11.0cm×H23.4cm×D18.0cm

ファイルダウンロード