アキュディア™ NGKG寒天基礎培地 顆粒AccuDia™ NGKG Agar Base

製品コード

05282

統一商品コード

302052820

JANコード

4987302052820

包装

300 g

使用期限

製造後36ヵ月間

貯蔵方法

室温に保存(要防湿)

製品概要

本培地は、食品中のセレウス菌(Bacillus cereus)を選択的に分離、検出するために開発された培地である。
ペプトン量を低濃度とし、グリシンに置き換えることによって分離能を高めている。セレウス菌はグリシンを利用して培地をアルカリ性にするため、コロニー周囲の培地が濁った赤色(卵黄反応陽性)になる。

使用法

121℃、15分間高圧蒸気滅菌後、約50℃に冷却した基礎培地に、無菌的に調製した20%卵黄液を10%の割合に加えて混合し、シャーレに分注する。
30℃で18~24時間培養する。
セレウス菌は本培地上で周縁不規則で白色の光沢のない集落を形成し、周囲の培地は濁った赤色となる。セレウス菌以外の細菌の発育は強く抑制され、もし発育してもその集落は小さく、鑑別は容易である。また、本培地ではセレウス菌の芽胞形成も良好で、30℃で18時間培養後の定型的集落を釣菌して鏡検すれば芽胞型を決定できる。

基本組成

26.5 g(1 L分)中

ペプトン1.0 g
酵母エキス0.5 g
塩化ナトリウム4.0 g
グリシン3.0 g
硫酸ポリミキシンB5万単位
フェノールレッド0.025 g
カンテン18.0 g
pH6.8±0.1

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Bacillus cereus良好な発育(卵黄反応陽性)
Escherichia coli発育抑制

参照

食品衛生検査指針(2018)

サイズ

W9cm×H20cm×D9cm

ファイルダウンロード