アキュディア™ XM-G寒天培地 顆粒AccuDia™ XM-G Agar

製品コード

05632

統一商品コード

302056323

JANコード

4987302056323

包装

300 g

使用期限

製造後36ヵ月間

貯蔵方法

室温・防湿

製品概要

本品は、食品衛生検査指針(2018)の酵素基質培地を用いた簡易・迅速試験法にある酵素基質法による大腸菌および大腸菌群をスクリーニングする培地で、大腸菌は特異的な酵素β-グルクロニダーゼを産生し、基質X-GLUCを分解すると青色色素が生成される。大腸菌群は指標となる酵素β-ガラクトシダーゼを産生し、基質MAGENTA-GALを分解すると赤色色素が生成される。大腸菌は両酵素を保有するため、青紫色〜紫色の中間色になることがある。腸管出血性大腸菌O157はβ-グルクロニダーゼを産生しないため大腸菌群として検出される。

使用法

35±1℃で20±2時間、培養する。培養時間が長い場合は、大腸菌、大腸菌群以外の菌が発色することがある。乳酸菌を含む検体では、その酵素作用により赤色の発色が認められることがある。
なお、「水質汚濁に係る環境基準について」の告示(環境省告示第 62号)では、メンブランフィルター法で使用する。

基本組成

39.3 g(1 L分)中

ペプトン10.0 g
ピルビン酸ナトリウム1.0 g
L-トリプトファン1.0 g
D-ソルビトール1.0 g
塩化ナトリウム5.0 g
リン酸二水素ナトリウム2.2 g
リン酸一水素ナトリウム2.7 g
硝酸カリウム1.0 g
ラウリル硫酸ナトリウム0.2 g
5-ブロモ-4-クロロ-3-インドリルβ-D-グルクロニド(X-GLUC)0.1 g
5-ブロモ-6-クロロ-3-インドリルβ-D-ガラクトピラノシド(MAGENTA-GAL)0.1 g
カンテン15.0 g
pH7.0±0.2

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Escherichia coli ATCC 8739良好な発育(青紫色集落)
Enterobacter cloacae ATCC 13047良好な発育(赤紫色集落)
Citrobacter freundii ATCC 8090良好な発育(赤紫色集落)
Klebsiella pneumoniae ATCC13883良好な発育(赤紫色集落)
Pseudomonas aeruginosa ATCC 9027良好な発育(淡黄色集落)
Bacillus subtilis ATCC 6633発育抑制
Staphylococcus aureus ATCC 6538発育抑制

参照

食品衛生検査指針(2004)
環境省告示第62号(2021)

サイズ

W9cm×H20cm×D9cm

ファイルダウンロード