アキュレート™ ガンマ線滅菌SCDLP寒天培地(二重包装)AccuRate™ Gamma sterilized SCD Agar with Lecithine, Polysorbate 80 (SCDLP) Agar(Double packed)

  • 日本薬局方準拠

製品コード

51050

統一商品コード

302510504

JANコード

4987302510504

包装

10枚

使用期限

製造後5ヵ月間

貯蔵方法

冷暗所(4~10℃)

製品概要

本品は、環境モニタリングの浮遊菌や落下菌の測定に使用する培地である。
総好気性微生物数(TAMC)測定用(不活化剤含有)の培地であり、処方中のレシチン、ポリソルベート80が培地中に持ち込まれた薬剤を不活化するので、信頼性の高い結果が得られる。
本品は、ガンマ線滅菌済みであり、製造区域の各グレードへ包装を破って持ち込める。

使用法

<落下菌測定>
測定点において平板培地のフタを一定時間開放する。※開放時間については、基準とする方法に準じる。
<浮遊菌測定>
エアサンプラー・BIO SAMPによる、無菌医薬品製造施設(グレートA)でのサンプリングに用いられる。

その他の使用施設
●HACCP関連の高度な清浄度が要求される食品製造施設
●手術室、ICUなど環境から患者への感染を防止する必要がある医療施設
●清浄な施設を施工・メンテナンスする業者

基本組成

SCDLP寒天生培地を二重包装し、ガンマ線処理されている。

40.0 g(1 L分)中

ペプトン15.0 g
ダイズペプトン5.0 g
塩化ナトリウム5.0 g
カンテン15.0 g
レシチン1.0 g
ポリソルベート807.0 g
pH7.3±0.2

精度管理(試験菌株)

試験菌株について100cfu以下を接種し培養後、対照培地(SCD寒天培地)と比較

試験菌株判定基準
Pseudomonas aeruginosa ATCC 9027回収率50~200%(30~35℃3日以内培養)
Staphylococcus aureus ATCC 6538(回収率50~200%(30~35℃3日以内培養)
Bacillus subtilis ATCC 6633回収率50~200%(30~35℃3日以内培養)
Candida albicans ATCC 10231回収率50~200%(30~35℃5日以内培養)
Aspergillus brasiliensis ATCC 16404回収率50~200%(30~35℃5日以内培養)

試験菌株について不活化剤効果を認める

Escherichia coli ATCC 8739不活化剤効果を認める

参照

第十八改正日本薬局方(2021)

備考

[日本薬局方準拠]

サイズ

W10cm×H15cm×D10cm

ファイルダウンロード