アキュレート™ ベアードパーカー寒天培地AccuRate™ Baird-Parker Agar

  • 日本薬局方準拠
  • ISO準拠

製品コード

51063

統一商品コード

302510634

JANコード

4987302510634

包装

10枚

使用期限

製造後4ヵ月間

貯蔵方法

4~10℃に保存(禁凍結)

製品概要

本培地は、黄色ブドウ球菌の選択分離培地である。平成27年に食肉製品の黄色ブドウ球菌試験の培地として公定法に取り入れられた。また、ISO、JISおよび日本薬局方で定められた培地である。
本培地の特徴は、食品加工工程(加熱、乾燥、冷凍など)で損傷を受けた菌を修復し発育を促進する成分としてピルビン酸ナトリウムが含有されている。

使用法

使用法:本品は無菌的に調製されているので、そのまま使用することができる。培地表面が凝固水で湿っているときは、乾燥させてから使用する。本培地に検体希釈液0.1mLをコンラージ棒を用いて塗抹し、37±1℃で48±2時間培養する。
発育集落の性状:黒~灰色で光沢のある隆起した円形の集落で、周囲に透明帯および集落直下に白濁帯を認めるものを黄色ブドウ球菌と判定する。
S. epidermidis を含む多くのCNS(コアグラーゼ陰性Staphylococcus)は、抑制される、もしくは卵黄反応のない小さな黒色集落を形成するので判別が容易である。

基本組成

1 L分中

カゼイン製ペプトン10.0 g
酵母エキス1.0 g
肉エキス5.0 g
ピルビン酸ナトリウム10.0 g
L-グリシン12.0 g
塩化リチウム5.0 g
カンテン17.0 g
亜テルル酸カリウム溶液0.1 g
卵黄液10 mL
pH7.2±0.2

精度管理(試験菌株)

試験菌株判定基準
Staphylococcus aureus良好な発育(黒色集落で、周囲に透明帯を示す)
Staphylococcus epidermidis発育抑制
Pseudomonas aeruginosa発育抑制

参照

食品衛生検査指針(2018)
食安発0729第4号(平成27年7月)
第十八改正日本薬局方(2021)
ISO 6888-1:1999

サイズ

W10cm×H15cm×D10cm

ファイルダウンロード